blank
blank

芝生、芝刈り機のことならバロネスダイレクト トップ > 歴代店長が語る、なるほど芝生の豆知識。 > 芝管理-ワンランク上の芝管理- > ▼ 芝焼きで春の芽吹きを良くしよう!

高麗芝などの暖地型芝のお庭限定!芝焼きで春の芽吹きを良くしよう!

日本で古くから行なわれている芝焼き。日本三名園のひとつ、岡山の後楽園でも行なわれています。

では、なぜ芝焼きをするのでしょうか?

答えは、

芝焼きによって、約1週間程度芝生の芽吹きが早まります。

芝焼きは新芽が出る前の2月ごろが適期。風が強い日は危ないので避けましょう。

それでは、芝焼きのしかたについてお話をします。

芝焼きのしかた

1.用意するもの

  • レーキ

    芝生のサッチをかき出します。
  • バーナー

    芝焼きをするのに使います。お庭の広さにあわせて選びます。
  • 軍手

    手袋をして火傷をしないように気を付けましょう。
  • バケツ

    水を入れ、火事にならないように消火の準備をします

※燃え広がらないようにあらかじめジョーロなどを使って水打ちをしておくと良いでしょう!

2.サッチをかき出す

レーキを使ってサッチをかき出し、火のまわりが良くなるように全体に起毛させます。

3.芝焼きをする

芝生の表面をバーナーで軽く焼きます。風下に立ち火が大きくならないように注意しながら行います。バケツに水を汲み、念のため消火の準備もしておきます。

焼きムラがないようにまんべんなく焼きましょう。火の始末を確認して終わりです。

なるほど芝生の豆知識。はこちら