blank
blank

芝生、芝刈り機のことならバロネスダイレクト トップ > 歴代店長が語る、なるほど芝生の豆知識。 > 芝管理-芝雑学- > ▼ ザ・芝生の種子の保管方法

ザ・芝生の種子の保管方法

芝生の種まきで種があまってしまうことありますよね。ではどうすればよいのでしょう。

そんな時は種を保管しておいて、芝生がムラになったり傷んでしまった時に追いまきなどに使えるようにします。

しかし芝生の種は生種子のため、適した環境に保管しておかないと種が傷んで発芽率が悪化してしまいます。

芝生の種を保管する際に重要となるのは温度と湿度です。上手に種を休眠させないといけません。理想的な環境は温度が摂氏15度前後、湿度が50%以下となります。バロネスダイレクトでは種専用の冷蔵庫を使って、一年中定温定湿での適正な管理を行っています。そのためいつでもよい状態の芝生の種をみなさまにご提供できます。

バロネスダイレクトでは理想的な環境で種を保管しています。

日本の気候では春、秋、冬は通常、物置などの冷暗所にて保管していただければ問題ありませんが、梅雨期から夏期にかけては高温多湿な環境となりますので、ご家庭で保管する場合は冷蔵庫の野菜室にて保管していただくとよいです。

ただそれでも徐々に発芽率は悪化していきますのでなるべく早くに使用するようにしましょう。

冷蔵庫の野菜室をあまり占領していると邪魔になってしまいます。

できるだけ必要な分をその時準備するのがいいですから、必要に応じて芝生の種子を購入されることをおすすめします。

おすすめ芝生の種はこちら

なるほど芝生の豆知識。はこちら