blank
blank

芝生、芝刈り機のことならバロネスダイレクト トップ > 歴代店長が語る、なるほど芝生の豆知識。 > 芝生の植えかた・初期生育 > ▼ こんなに簡単! 芝生の種のまきかたのポイント。 > 1.整地のしかた

こんなに簡単!芝生の種のまきかたのポイント。

1.整地のしかた

芝生の芽が出やすいように耕します。

そのときに凸凹が残ってしまうと低いところに水たまりができてしまい、芝生がダメになってしまうことがあります。

そのため、表面を平らにして固める整地がとても大切です。整地は丁寧に行いましょう。

1.種をまく場所を耕す

肥料を適量散布し、10〜15cmの深さの土をスコップでよく耕して混ぜこんでください。石などを取り除き、 水はけが良くなるよう土壌改良などをしましょう。

土壌について詳しくはこちら!

芝生にあった土壌かチェックしよう!

土壌の水はけについて詳しくはこちら!

地下排水と表面排水、水はけをよくするためのポイント。

ゴルフ場のグリーンのような芝生を目指す方はこちらを必見!

グリーンの床構造はこうなっている!

2.均す

トンボで均し、凸凹を直します。

3.ローラー(全面)&板(端)で固める

耕した後は、ローラーと板を使って表面を固めましょう。

なるほど芝生の豆知識。はこちら