blank
blank

芝生、芝刈り機のことならバロネスダイレクト トップ > 芝生のお手入れアイテム > 芝生の種・苗 > 冬も緑に

 

もし、あなたのお庭が 1年中緑の芝生だったら… 冬はご近所さんからも注目を浴びちゃいますよね。 お庭を1年中緑にするには3つの方法があります。 自分に合った方法でチャレンジしてみてくださいね!
 
<1.芝生を緑に着色する>

Kアイグリーン
     
お庭の芝生が高麗芝などの暖地型芝の場合は、冬は茶色くなっています。芝生用着色剤を使えば、茶色く殺風景になってしまったお庭の芝生を簡単に緑色に塗り替えることができます。自然な色相で着色の違和感がなく、すべての芝にご使用いただけます。


着色について詳しくは
「超簡単!あっという間に緑に♪芝生のお化粧、着色剤。〜暖地型芝編〜」
「超簡単!あっという間に緑に♪芝生のお化粧、着色剤。〜寒地型芝編〜」
をご確認ください。





<2.ウインターオーバーシードをする>
ウインターオーバーシードとは、冬に枯れてしまう暖地型芝(ティフトン419、バミューダグラス等)の上から冬も緑を保つように、寒地型芝(耐暑性が弱いタイプの品種)の種をまいて1年中芝生を緑にすることです。二毛作みたいなものですね。ウインターオーバーシードはサッカースタジアムなどでも用いられる手法です。

ベースとなる暖地型芝
ベースとなる芝生には生育が旺盛な品種が適しています。これらはスポーツターフとも呼ばれ、競技場などでよく使われています。

張り苗 ティフトン419

ストロン苗 ティフトン419

ティフトン419(ポット苗)

バミューダグラス ハリウッド

バミューダグラス デューン
     
 
オーバーシード用の寒地型芝

アニュアルライグラス フェアウェイ2 1kg

ペレニアルライグラス レグゼット 1kg
   

ウインターオーバーシードについて詳しくは
「冬も緑に。さあ始めよう、ウインターオーバーシーディング!」
をご確認ください。





<3.寒地型芝にする>
1年中緑の寒地型芝は寒さに強く、冬でも青い芝生で関東以北に向いています。寒地型芝は名前の通りもともと寒冷地方で育つ芝生ですので、夏に30度を超える地方で育てる場合は、十分な対策が必要になります。


ダイヤモンドグリーン 1kg

トールフェスク ダイナマイトLS 1kg

ケンタッキーブルーグラス ヌーブループラス 1kg

ケンタッキーブルーグラス ビーウィッチ 1kg
耐暑性に優れた当店オリジナルミックス。厳選したケンタッキーブルーグラス、トールフェスク、ペレニアルライグラス。品種を混ぜることで、お互いの欠点を補います。 耐暑性が市販品種で最も優れる品種で、多年草です。寒冷地から暖地まで広域に適しています。高密度になりにくいため、他の寒地型芝と混播をオススメします。 ヌーブループラスは、耐暑性、耐旱性が強く、発芽・初期生育が良好でターフ形成が早いです。 ビーウィッチは、耐寒性が強く、葉色が濃い。北海道、東北、寒冷地に適しています。
寒地型芝を関東以西で育てる場合は、耐暑性の高い品種を選びましょう。

寒地型芝にとって、厳しい「夏」のお手入れについて詳しくは
「寒地型芝の夏越えのポイント。」
をご確認ください。




26 件中 1-26 件表示 



/レビュー特典/ケンタッキーブルーグラス ヌーブループラス 1kg入 お庭の広さ12〜15坪用 バロネス寒地型芝の種 多年草 発芽適温摂氏15〜25度程度です。/説明書付き/

/種のまき方説明書付き/暑さ、病気に強く、濃緑が美しい芝生!

ケンタッキーブルーグラス ヌーブループラス 1kg入 お庭の広さ12〜15坪用 バロネス寒地型芝の種 多年草 発芽適温摂氏15〜25度程度です。

販売価格5,500円(税込)

/種のまき方説明書付き/暑さ、病気に強く、濃緑が美しい芝生!
寒冷地から暖地までの
広域適応性寒地型芝の種







26 件中 1-26 件表示